ヒーリングスクールを受講して

ヒーリングスクールを受講して 今では常識と言われているエネルギー(波動)の世界。 この世の全てはエネルギーで出来ていると分かったのはヒーリングスクールを受講してからだ。 なんとなく感じていたものが、受講後は理屈でも感覚でもはっきりと理解することが出来るようになり、それからの私の人生は大きく変化した。

私が初めてヒーリングスクールを受講したのは、今から15年前の2004年7月7日。 当時の私は、仕事だけが自分の存在価値を見出してくれる場所であり、寝ても覚めても仕事の事だけを考え生きていた。 いつの日か心も身体もくたびれ果て、気がつくと心も身体もボロボロになり、仕事が出来なくなっていた。
そして、自分が何のために生きているのかさえ分からなくなっていた。

そんな時、中学時代の友人に再会し、その時の私を心配した友人の勧めで受けたのがこの講座だった。
その友人こそが、このヒーリングスクールの主催者でもあり、私の命の恩人とも言って過言ではない、中谷淳子さんだ。

クラスでは、オーラやチャクラの存在やその不具合が肉体や精神にどのような悪影響を及ぼしているかを学び、その調整方法を実践で何度も何度も出来るまで学ぶ。

初めは観ることも聴くことも感じる事も出来なかった私だったが、回を重ねるごとに、観ることも聴くことも感じる事も出来るようになっていく。
ついには崇高なる存在のエネルギーさえも感じとり、全てなる光のエネルギーを使い自他ともに癒すことが出来るようになっていた。

卒業し、体調も良くなっていた私は、このヒーリングで、私と同じように苦しんでいる人たちを1人でも多く癒したいと言う気持ちが高まり、以前から習っていたボディーワークとこのヒーリングを合わせてセッションをするようになった。

セッションでは、受けてくれる人が驚くほど心身ともに元気になっていくのを何度も目の当たりにした。主に肉体を中心に行うボディーワークだけの時よりも、格段に効果が違うのだ。

最近では瞬時にエネルギーを変容させるワークもあり、そう言った講座を受けに行ったことあるが、基本を学んでいる私のエネルギーの動かし方と、基本なしに受けている受講生のエネルギーの動かし方とでは大きく差がある事を感じた。

他のヒーリング講座を受講して思うのは、中谷淳子さんのヒーリングスクールは、基本中の基本であり、この基本なしにはエネルギーをうまく使うことは難しいと思う。

現在我流になってしまっているところを修正し、更にレベルアップをするため、15年ぶりにヒーリングスクールを再受講している。
再受講して思うのは、もっと早くに再受講すべきだったということ。
かなり我流になってしまったヒーリング手法を修正するのはとても大変であり、再受講中にも無意識に自己流でやろうとしてしまうことと、習った通りやると、今までの我流よりも効果が格段に違うと言うことだ。

今言えるのは、習ったことをきちんとできるようになってから、アレンジ(他の手法)を加えると、エネルギーが大きく変容すると言うこと。 ま〜なんでもそうであるが(苦笑)

ヒーリングスクールを受講してからの私は、心身ともに体調もよくなり、良いも悪いも具現化が急速に起き、とにもかくにも魂の成長は早まるばかりである。この急速な変化について行けるように、日々エネルギーを流し続けねば((笑))

心友の中谷淳子さんに感謝
R・A